トカゲとか

フトアゴとか日常のこととか

パンサーの卵たちのその後

5月末に立て続けに産んだ我が家のパンサーカメレオン達。

アンカラミーが29日に12個。
ソアニエラナが31日に16個。

今日で2週間ちょい。
確認したらアンカラミーは1個だけカビルンルン💦

ソアニの方は2個以外はカビルンルン💦

ソアニはかかったと思われる日が発情が来てからだいぶ日が経っていたためすでに抱卵していた⁉️可能性があるのはなんとなく感じていた。
おそらく全て無精卵で全滅かな(>人<;)
カビてない2個は様子見ですね。

アンカラミーは意外と綺麗なまま(๑>◡<๑)

このまま無事に育てば良いなぁ(๑>◡<๑)

卵が残念だった事はもちろんショックだけど、メス達が今も元気に居てくれる事の方が私には大事だから今回は良い勉強になったと思います。
メス達が今も元気なおかげでまた繁殖に挑戦するチャンスをもらえたし立ち上げも不安だったけどなんとか頑張れてるし(๑>◡<๑)

今回色々と教えてくれた方々、応援して頂いた方々、様々な方々のおかげで産卵から立ち上げまで頑張れました。
結果はまだわかりませんが今ある卵たち、有精卵なら無事に孵せるよう頑張ります。
そしてこれからも続くパンサーカメレオンの繁殖、益々、頑張りますのでこれからも応援、お力添え、よろしくお願い申し上げます。

まさかの産卵(((o(*゚▽゚*)o)))♡

現在、我が家のパンサーカメレオンは

ファリーの♂
アンカラミーの♂、♀
ソアニエラナの♂、♀

アンカラミーのペアはまだメスが小さくお迎えの時もあと2、3ヶ月したら繁殖しても良いかもねぇとの事でとりあえず餌をいっぱいあげて身体作り中でした
WCの子で人に慣れて居ないため普段から結構
黒い。お店にいた時から黒い。
この子のストレスカラーだと思ってました(>人<;)
ソアニエラナはかかったかな?くらいの感覚ですが日にちを計算して今週中に産卵床作って入れれば良いか?週末か来週中には産むかなぁくらいで準備していました。
多分まだまだ先だろうなぁとか思いつつも準備は必要だよね。って事で土や産卵床用のケースなんかも用意はしてたけど。

そしたら朝、家を出る直前、アンカラミーの♀のケージの下に卵が1個転がってる⁉️
かけてないよ・・・⁉️
速攻、拾ってケースにバーミキュライト入れてその上へ。
産卵床作らなきゃと出勤時間過ぎに土遊び(笑)
会社、行きたくねぇなぁとか思いながら土をコネコネ。
休もうかなぁとか辞めちゃうかぁとか思いながらコネコネ(笑)
コネコネした土をケースに入れてアンカラミー♀のケージへ。
とりあえずあとは嫁に任して渋々出勤。

仕事も手につかず残業断って急いで帰宅。
産卵床、試し堀で荒らしに荒らして産んでない。

コオロギ見せたらすぐ食いつく(笑)
元気でよかった。
また落ち着いたら元気に産んでくれるかな。
とりあえず卵詰まりに気を付けて様子見の段階です。

我が家に来たタイミングとサイズがサイズだけにストレスカラーだと思っていたものがまさかの妊娠カラー。
うっすらそんな気はした時もあるけどサイズがサイズだし、とか思ってたら本当に産むし。

経験不足がはっきりした1日でした。
とか書いてたら3個産みました⁉️
ばら撒きで(>人<;)

朝のと合わせて4個です(((o(*゚▽゚*)o)))♡

お迎えとお迎え(๑>◡<๑)

GWで嫁と子供達が里帰り。
4泊5日で新幹線で東京へ。

私は嫁達のお迎えで1泊2日で車でお迎え前日に行く予定でした。
出来れば東京のショップ一杯回りたかったので前日の朝には着いてる予定でした。

けど出発前夜にパンサーの粉雪の目が凹んでた(>人<;)
心配なので東京行く時間を遅らせて朝一で病院へ。
以前から目を気にする素振りはあったけどまさかのバインに擦りすぎて外傷が(>人<;)
餌食いも糞も体調には問題ないので怪我の炎症止めと化膿止めで10日程、様子見。
大した事なくて安心して帰宅後、バインを外し、爬虫類達の水、餌、補充しなおして東京へ出発(๑>◡<๑)

急いでる所に高速での火災事故による大渋滞(>人<;)
時間はかかりましたが無事に嫁達と合流(๑˃̵ᴗ˂̵)
さっそくGenoさんへ(๑˃̵ᴗ˂̵)

初めてお伺いして初めてお話したけど学ぶ事ばかりでした。
そして自分がアンカラミーを見てきて感じた事、あながち間違いではないんだなぁとも感じられて良かったです。

お迎えは翌日、帰路前に伺うことにして一時お義父さん達のところへ。
その前に翌日の準備(๑˃̵ᴗ˂̵)

日が変わって約束の時間にお店へ(๑˃̵ᴗ˂̵)
今回、この子をお迎えする上で私の中で多少の考えがありました。

以前、CBの女の子を亡くしてしまっている事で次に迎える時はワイルドの子にしようと思っていた事。
ワイルドでもすぐに繁殖できるサイズではなく数ヶ月はじっくり育てて落ち着かせて体づくりしてから繁殖に望みたかった事。
ワイルドが良かった理由はアンカラミーはCB同士かけても綺麗な子が出来ないらしいのでワイルドを入れてみようと思っていました。

今回お迎えした子は餌食いも良く、まだ小さいので発情が来る前に体づくりが出来ると判断しました。
お迎えする上で恐怖もありました。
前回亡くしている事がありアンカラミーに対しては特にトラウマになっていますから。
でも今回の出会いはタイミング的にも運命なのかなぁって感じました。

お話して、パンサーの事、マダガスカルの事いっぱい色々聞けて本当に楽しかったし勉強になりました。

箱に入れて頂いたチビちゃん、車で4、5時間そのままはさすがに不安だったので前日に準備したネットボックスへ。

こんな感じで一緒に帰宅。
ネットボックスは一個持っていましたが出る時バタバタして忘れて来たので新しく購入(๑˃̵ᴗ˂̵)
途中コンビニでお水買って軽く霧吹きしたりして無事に帰宅。

我が家のハチュ達の無事を確認して軽くメンテしてひと段落(๑>◡<๑)
心配していた粉雪の目も悪化はしていないしとりあえず安心かな。
チビちゃんは今日は遅いのでこのままネットボックスでおやすみ。
チビちゃん、お名前はベリーちゃん、体重は16グラムでした。
私も疲れたので今日はここまで。
では、また今度(๑>◡<๑)

コオロギ買いに行ってまさかのコ•••。

今日は数やサイズに不安がありコオロギを買いに午後から名古屋のペポニさんへ。

とりあえず特に理由は無く港店へ。
まぁ生体見たいからコオロギ買うのはついでみたいなもんだけど・・・

特に惹かれた子はいないかなぁって思ってたらまさかの蛇コーナーでコーンスネークのハイマンダリンに惹かれたのね。
でもね、我が家に蛇は居ないの。

カリキンとかコーンとかボールとかATBとかGTPとかいつかは飼いたいなぁって思ってたから本とか見て大体の飼い方は分かってたけど、飼いたいと飼えるは違うしエサ、マウスだし。
エサ、マウスだし。
エサ、マウスだし。
エサ、マウスだよ。
エサ、マウスなんだよ。

私はね、ネズミも好きなのね。
ゴールデンとかジャンガリアンとかジャービルとか飼ってたし増やしてたし可愛がってた時期があるだけに蛇にあげるの抵抗あるわけよ。
いくら冷凍されてても姿形はマウスだし。
いざとなれば割り切れるかもしれないけど。

それにコーンを飼うって決めても他のモルフ見たら他が良いってならないかなぁって思って港店からインター店に行ってみたわけさ。

港店よりはインター店の方がモルフ多いかな。
こっちにもハイマンダリンいたけどそれ以上に惹かれたのが2匹。
ゴールドダストモトリーとクリームシクルストライプオレンジ。
まぁモルフだけ聞いたらなんのこっちゃってレベルなわけよ。

店員さんに出してもらっていろんな子触ってみたけどこの2匹が断トツで良い。

買うか買わないか、どっちにするか悩みに悩んで素人だから多数決で決めましたよ。


クリームシクルストライプオレンジの名前はパイン🍍


多数決でチビ兄以外はクリームシクルストライプオレンジに決めたらチビ兄、泣いたのよ。
長男の涙は本気の時だけだから

ゴールドダストモトリーの名前はレモン🍋

命名はチビ達。

我が家では1匹飼えばいずれまた迎え入れるわけだから悩んだなら買えばいい。
その子は今、そこにしかいないわけだしね。

これで我が家は
フトアゴ5匹、クレス2匹、ガーゴ1匹、レオパ4匹、パンサー4匹、アメフクラ1匹、ヘルゲ2匹、ムスジカナヘビ3匹の8種22匹から9種24匹になりました。
※ パンサーは1種にしてますがロカリティは3種いるので11種24匹とも言えますね。

これでもう夏レプかナゴレプくらいまではお迎え禁止にしなきゃパンサーのお迎えが厳しいです。

体重測定(クレス)(ガーゴ)

こちらも久しぶりの体重測定

まずは

クレステッドゲッコーのつき(性別不明)
2月4日が16g
今日が

クレステッドゲッコーのバロン(性別不明)
2月4日が16g
今日が

ガーゴイルゲッコーのカニカマさん(♂)
我が家に来てから初の体重測定

みんな順調に成長してます。

嬉しい事ですね(๑>◡<๑)

体重測定(カメレオン)

カメレオンたちの成長記録

2月は書かなかったのでここでまとめて記載します。
2月11日の記録と写真は3月5日です。

まずは

ノシファリーの抹茶(♂)
2月は34g

アンカラミーのあんころ餅(♂)
2月は90g

ソアニエラナの粉雪(♂)
2月は139g

ソアニエラナのわたあめ(♀)
2月は57g

抹茶と粉雪に関しては順調に成長中ですね

あんころ餅はやっぱり成長が緩やかだなぁ

わたあめは体重が減っているのが気になるけど測定前にう○ちしたのと脱皮前から食べる量が減ってきたからですね
まだ脱皮中なので脱皮完了後から食欲戻って成長してくれると良いのですが。

さくら餅の事があるだけに不安で一杯ですね

さくら餅の火葬

2017年2月26日午前8時50分

パンサーカメレオン(アンカラミー)の女の子
さくら餅が亡くなりました

あまりに衝撃的でまだ生きてるんじゃないかとずっと手に乗せていました
そのうち息を吹き返すんじゃないかと
息を吹き返してくれと
微かにでも動いてくれと


悲しいけれど自分も嫁も
チビ達も現実を受け入れました

11時30分を過ぎた頃、ペットの火葬をして頂ける所を探しました
車で40分ほどの所にありました
連絡し、13時頃伺う事にしました

小さなタオルに包んださくら餅
小箱に入れて家族で出発です

13時過ぎ到着
手続きをして骨壺を選びました
さくら餅の様なピンクの可愛いのを選びました
そのまま納まりそうな小さな骨壺です


これで本当に最期です
祭壇の前に安置されたさくら餅

御線香をあげて手を合わせて祈りました

ごめんね、本当にごめんね
ありがとう、本当にありがとう
さよなら、また会えるかな

祭壇の部屋から出ました

どれくらい時間が経ったかわかりません

扉が開き姿形の変わったさくら餅と対面しました

あの小さな身体では骨壺が大きすぎて
全部を入れても下から5ミリにも満たないため
係りの方が別の方法を勧めてくれました

小さなキーホルダータイプに入れる事になりました

これだと少し入りきらなかったため他はどうするか聞かれ、係りの方が気にかけてティッシュに包んで持って帰りますか?と言われ、はい。

用意して頂いたティッシュにそっと包んで帰宅しました

帰りに買ってきた小瓶にティッシュに包んだ遺骨を移しました

写真と一緒にケースへ

ありがとう
さくら餅

ごめんね